河野外相に核禁止条約参加を要請 ICANフィン事務局長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 河野太郎外相

 【モントリオール共同】ノーベル平和賞を昨年受賞した非政府組織(NGO)核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長は22日、カナダ東部モントリオールで河野太郎外相と面会し、日本も核兵器禁止条約に参加するよう働き掛けた。面会後、共同通信の取材に明らかにした。

 外務省関係者によると、河野氏は、同条約に参加しないとの日本政府の従来の立場を伝えた。

 フィン氏は取材に「(米国の「核の傘」を優先する)日本の立場は分かっているが、条約参加こそが自国の安全保障上の利益になるといずれ理解してくれると確信している」と述べ、将来的な参加に期待を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事