伝統の「韓服」需要激減 結婚式簡素化、海外生産も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 韓国の民族衣装・韓服を着て散策する観光客ら=24日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】韓国で民族衣装「韓服」の需要が激減、生産や販売の業者が経営難にあえいでいると韓国紙の朝鮮日報が26日までに報じた。結婚式の簡素化が背景にあり、採算を取るため人件費が安い中国や東南アジアでこっそり生産するケースも出ており「伝統の韓服」(同紙)が危機にひんしている。

 韓国の統計庁によると、2005年には約4500の韓服の製造業者が存在したが、14年までに約3割減少した。従業員の数も3割近く減った。

 韓服の卸・小売店や生地を売る店が立ち並ぶことで知られるソウルの広蔵市場では、10年ぐらい前には300以上あった韓服店が60ほどに減少した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事