米大使館エルサレム移転で提訴 パレスチナが国際司法裁に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ブリュッセル共同】米国がイスラエルの大使館をエルサレムに移転したのは国際法違反だとして、パレスチナ自治政府は国際司法裁判所(ICJ)に提訴した。違法性を確認し、米国に大使館の撤去命令を出すようICJに求めた。ICJが29日発表した。

 訴えは28日付。「外交関係に関するウィーン条約」は在外公館について「接受国の領域で取得する」としているが、エルサレムの地位は国際的に定まっていない「特別な地位」にあるため、米大使館設置は同条約違反だと主張した。

 トランプ米政権は昨年12月、エルサレムをイスラエルの首都と認定し、今年5月に大使館をテルアビブから移転した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事