元越最高指導者ド・ムオイ氏死去 改革・開放路線を加速
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 死去したド・ムオイ氏

 ド・ムオイ氏(元ベトナム共産党書記長、元首相)1日、ハノイの病院で死去。101歳。長期にわたり闘病生活を送っていた。国営メディアが伝えた。

 1917年ハノイ生まれ。36年、革命運動に参加。45年以降、北部各省の党委員会書記を務め、69年北ベトナム副首相。南北統一後、88~91年に首相、91~97年にベトナム最高指導者である共産党書記長を務めた。

 手堅い実務派として知られ、86年に始まった改革・開放路線「ドイモイ(刷新)」を加速させて対外開放に努め、米国や中国との関係正常化、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟を実現させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事