ベトナム書記長が国家主席兼務へ チョン氏、共産党が内定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ベトナムのグエン・フー・チョン共産党書記長

 【ハノイ共同】ベトナム共産党は3日までに、同国最高指導者のグエン・フー・チョン党書記長(74)が、9月21日に61歳で死去したチャン・ダイ・クアン氏の後任として国家主席を兼務する人事を固めた。関係筋が明らかにした。

 共産党一党支配のベトナムは、党書記長と国家機構トップの国家主席、政府トップの首相らによる集団指導体制をとっており、書記長が国家主席を兼ねるのは異例だ。近年、汚職、腐敗の摘発により党内統制を強めているチョン氏への権力集中がさらに強まりそうだ。

 開催中の党中央委員会総会が人事を内定した。今月下旬から始まる国会での手続きを経て正式就任する見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事