豪首相が大使館移転検討 エルサレムを首都認定か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 エルサレム旧市街(ロイター=共同)

 【エルサレム、シドニー共同】オーストラリアのモリソン首相は15日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談し、エルサレムをイスラエルの首都と正式に認定し、商都テルアビブにある大使館をエルサレムに移転することを検討していると明らかにした。イスラエル首相府が電話会談の内容を公表した。

 モリソン氏は16日、首都キャンベラで記者会見し、移転について「決定はしていないが、可能性はある」と語った。

 ターンブル前首相の下院議員辞職に伴い、20日に予定される補欠選挙にはモリソン氏率いる自由党の候補として元イスラエル大使のデーブ・シャーマ氏が出馬している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事