米、INF条約受容できず ロに破棄通告かは明言せず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【モスクワ共同】米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は22日、ロシアの前身の旧ソ連と結んだ中距離核戦力(INF)廃棄条約を巡り、ロシアが順守せずミサイル開発を続け、中国や北朝鮮、イランも中距離巡航ミサイルを増強する中、米国だけ条約に縛られるのは「受け入れられない」と主張した。

 モスクワでロシアのパトルシェフ安全保障会議書記と会談後、ロシアメディアのインタビューで語った。ボルトン氏は続いてラブロフ外相とも会談。トランプ米大統領が表明した条約破棄方針をロシア側に通告したかについて、米ロ双方は会談後、いずれも明言しなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事