台湾事故、運転士が自動制御切る 列車の動力系統に問題と供述
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 22日、台湾・宜蘭県で、脱線した列車のそばで活動する救助隊(ロイター=共同)

 【宜蘭共同】18人が死亡した台湾北東部宜蘭県での特急列車脱線事故で、宜蘭県の裁判所の報道官は23日、特急の運転士が「列車の動力系統に問題があり、列車自動制御保護システム(ATP)を切った」と述べたと明らかにした。

 22日夜に検察当局が業務上過失致死容疑で運転士の勾留を請求した際の裁判所の審査で、運転士が述べたという。運転士は23日朝、保釈金50万台湾元(約180万円)を支払い保釈された。

 裁判所によると、運転士は事故現場から約40キロ手前の地点でATPを切ったといい、それ以前から動力系統に異常があったと述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事