英、EU離脱相ら4人辞任 協定案反対、メイ氏に打撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 英国のラーブEU離脱担当相=8月31日、ブリュッセル(ロイター=共同)

 【ロンドン、ブリュッセル共同】メイ英政権が閣議で承認した欧州連合(EU)離脱協定案に反対し、ラーブEU離脱担当相ら閣僚2人と閣外相2人の計4人が15日辞任した。EU離脱担当相の辞任は7月のデービス氏に次いで2人目。協定発効に必要な議会承認に向け、与党保守党内の議員らの説得工作を急ぐメイ首相にとって大きな打撃となり、議会承認は一層見通せなくなった。

 4人はラーブ氏のほか、マクベイ雇用・年金相、バラ北アイルランド担当閣外相、ブレイバーマン離脱担当閣外相。相次ぐ辞任は保守党内の反対派を勢いづかせている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事