国連、北朝鮮人権非難決議を採択 第3委、拉致即時解決訴え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】国連総会第3委員会(人権)は15日、北朝鮮による人権侵害を非難する決議案を議場の総意により無投票で採択した。同趣旨の決議案は14年連続で、日本と欧州連合(EU)が提出した。拉致事件が長引いていることを踏まえ、即時解決の必要性を訴える表現を強めた。

 12月中旬に国連総会本会議で正式採択される。

 北朝鮮の金星国連大使は、金正恩朝鮮労働党委員長のおかげで「全国民が完全に自由と権利を享受している」と反論。従軍慰安婦問題などを解決していない「犯罪国家」の日本による決議案は「断固拒否する」と述べ、採択前に退席した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事