米司法長官にバー氏、捜査影響も トランプ大統領、国連大使も指名
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ウィリアム・バー氏(タイム・ワーナー提供、AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は7日、次期司法長官にブッシュ(父)政権で司法長官を務めたウィリアム・バー氏(68)、年末で退任するヘイリー国連大使の後任にヘザー・ナウアート国務省報道官(48)を指名する方針を明らかにした。いずれの人事も上院の承認が必要。

 司法長官はロシア疑惑捜査を監督する立場。セッションズ前長官はロシア疑惑捜査に関与しないと表明し、不満を募らせたトランプ氏に解任されており、捜査への影響を懸念する声もある。国連大使は閣僚級ポストだが、AP通信によると、ホワイトハウス高官は、格下げして閣僚級でなくすと述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事