東北の酒を訪日客にPR、国税局 豪華客船で青森に入港
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 仙台国税局の試飲イベントで、日本酒を楽しむコラリー・ウィルクスさん夫妻(左)=7日、青森市

 仙台国税局は7日、青森市の青森港に同日寄港した豪華客船「クイーン・エリザベス」に乗る外国人観光客向けに、地元産の日本酒やワインを試飲できるイベントを港近くで開いた。担当者は「東北地方には外国人観光客が少ない。こういう機会に東北の酒の魅力が伝われば」と期待した。

 青森県内の蔵元で造られた日本酒を中心に、7種類の酒61品目を用意。シードルや焼酎の原料であるリンゴやナガイモは、いずれも県産品であることをアピールした。

 試飲会場は多くの外国人客でにぎわった。オーストラリアから夫婦で来たコラリー・ウィルクスさん(59)は10品目以上を試飲し、満足げだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事