伝統のホッカイエビ漁始まる 北海道・野付湾、打瀬船が漁場へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 白い帆を張りホッカイエビ漁をする打瀬船=18日午前、北海道・野付湾
 白い帆を張りホッカイエビ漁をする打瀬船=18日午前、北海道・野付湾 船に揚げられたホッカイエビ=18日午前、北海道・野付湾

 北海道別海町の野付湾で18日早朝、夏のホッカイエビ漁が始まった。朝日が照らす中、三角形の白い帆を張った打瀬船25隻が、風を受けゆっくりと漁場へ向かった。

 ホッカイエビは、水深が浅く、すみかになる海草「アマモ」が茂る場所に集まっている。野付湾ではアマモを傷めないよう、帆で風を受けて網を引く漁法が100年以上続いている。

 野付漁協の漁師山口光明さん(62)は「例年よりもエビが大きい。最高の出だしだ」と笑顔だった。

 漁協によると、漁は夏と秋の年2回。今夏の漁は7月25日までで、約27トンの水揚げを見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事