鳥居泰彦氏が死去 元中教審会長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 死去した鳥居泰彦氏

 中教審会長を務めた慶応義塾の元塾長鳥居泰彦(とりい・やすひこ)氏が1日午後3時55分、心不全のため東京都港区の病院で死去した。82歳。東京都出身。葬儀・告別式は6日午前11時から東京都港区南青山2の33の20、東京都青山葬儀所で行う。喪主は長女で華道洗心流五世家元の鳥居茜月(とりい・せんげつ)さん。

 2001年1月~07年1月には文部科学省の発足に伴って旧中教審を含めた七つの審議会を整理・統合した新しい中教審の初代会長を務めた。

 1993年5月~01年5月には慶応義塾の塾長を務め、慶応大経済学部教授や日本私立大学連盟会長なども歴任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事