「光触媒で分解」は根拠なく違法 消費者庁、マスク4社に措置命令
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 消費者庁が景品表示法違反とした4社の光触媒マスク

 消費者庁は4日、光触媒マスクの「花粉やウイルスを分解する」という宣伝に合理的根拠はなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、大正製薬(東京)など販売企業4社に再発防止などを求める措置命令を出した。

 消費者庁によると、残りの3社はDR・C医薬(東京)、アイリスオーヤマ(仙台市)、玉川衛材(東京)。

 4社は、マスクの包装に「光触媒で分解!」「しっかり吸着 光で分解」などと表示。消費者庁は裏付けとなる根拠を求めたが、効果が実証されるような資料は提出されなかった。

 消費者庁は、既に販売をやめているアイリスオーヤマを除く3社に、表示を取りやめるよう求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事