危険物持ち込み検知で実証実験 関西空港駅、JR西と南海電鉄
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 関西空港駅で公開されたゲート型機器の実証実験=4日午後

 JR西日本と南海電鉄は4日、関西空港駅で、爆発物や銃火器の持ち込みを自動検知するゲート型機器の実証実験を公開した。来年の東京五輪や2025年大阪・関西万博などの大規模イベントを控え、テロ対策として導入を検討している。

 機器は米国製で、特殊な電波や金属探知センサーを用いて通行者が持つ危険物を検知することができる。実証実験は3日から5日まで1日当たり両社の一般客ら計約1600人に通過してもらい、検知の精度や客の反応などを調べる。

 海外の空港や商業施設ではこうした機器の設置が進んでいるが、国内の鉄道駅での導入例はないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事