旭山動物園号、車内再現へ ネットで資金募集、北海道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ぬいぐるみが置かれた「旭山動物園号」の座席(旭山動物園提供)

 動物のイラストをあしらった内外装で人気を集め、昨年3月に運行を終えたJR北海道の特急「旭山動物園号」の車内を、旭山動物園(旭川市)の施設に再現しようと、地元NPO法人がインターネットを通じたクラウドファンディングで資金を募っている。「走る絵本」と親しまれた列車の雰囲気を受け継ぎ、新たな憩いの場とする狙い。

 旭山動物園号は2007年から行楽期の臨時特急として札幌―旭川で運行。元飼育係の絵本作家あべ弘士さんが内外装のイラストを担当し、「極寒の銀世界」「草原のサバンナ」など車両ごとに異なるテーマで描いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事