豪雨被災路線でSL復活、大分 温泉地を結ぶ「湯けむり号」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 JR日田駅を出発した「SL湯けむり号」=9日午前、大分県日田市

 JR九州の人気観光列車「SL人吉」に使っている蒸気機関車(SL)と客車が9日、大分県内の温泉地を巡る列車「SL湯けむり号」として久大線の日田(日田市)を出発した。2017年の九州北部の豪雨で被災した沿線の復興を応援しようと、県内経済団体などでつくる団体が1日限りの企画として実施。

 由布院(由布市)などに止まり、大分を経由して日豊線の別府(別府市)まで走行。久大線のSLの定期運行は1970年に廃止されており、沿線では「復活」への歓迎ムードが高まった。

 日田駅には見物客約150人が集まり、ホームから手を振るなどして見送った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事