「おやつタウン」津市で開業 ベビースターテーマパーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 屋内型テーマパーク「おやつタウン」の開業セレモニーで、テープカットする関係者=20日午前、津市

 スナック菓子「ベビースターラーメン」の津市にある工場に隣接する屋内型テーマパーク「おやつタウン」が20日、オープンした。市販されていない味のオリジナルベビースターが作れる体験コーナーなどがあり、初年度の入場者は40万人と見込む。

 開業セレモニーには、ベビースターを製造する「おやつカンパニー」(同市)のキャラクター「ホシオくん」が登場。

 タウンは延べ床面積約4千平方メートルで、長さ約10メートルの滑り台を備えたアスレチック施設もある。工場は見学できる。

 入場料は13歳以上700円、4~12歳は450円。体験コーナーやアトラクションは別料金となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事