大阪天満宮の天神祭が開幕 水の都に夏本番
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大阪市中心部を流れる堂島川で行われた「鉾流神事」=24日午前

 水の都・大阪に夏本番を告げる大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭が24日朝、市中心部を流れる堂島川での「鉾流神事」で幕を開けた。

 川に船をこぎ出し、地元の小学生から選ばれた神童が白木の神鉾を投入。神職は人をかたどった紙片をくるんだこもを流し、市民の無病息災と祭りの無事を祈願した。

 天満宮によると、天神祭が始まったのは平安時代中ごろの951年。菅原道真の御神霊を乗せ、天満宮近くから流した鉾が流れ着いた場所に設けた斎場に向かう船を、人々が船団を仕立てて出迎えたのが、祭りの中心的な神事の一つ「船渡御」の起源とされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事