大阪の夜空、花火5千発が彩る 天神祭で伝統神事「船渡御」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 奉納花火が夜空を彩り、大川を船が行き交う天神祭の「船渡御」=25日夜、大阪市(多重露光)

 大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭は25日、市中心部を流れる大川で約100隻の船が行き交う伝統神事「船渡御」が営まれた。浪速の夜空を彩る約5千発の奉納花火が打ち上げられ、多くの見物客を魅了した。

 午後6時すぎ、祭りの参加者らが船に続々と乗り込み、太鼓をたたきながら出発した。菅原道真の御神霊を乗せた「御鳳輦船」やそれを出迎える奉拝船などが川面を往来。船がすれ違うたびに「打ちまーしょ」の掛け声で始まる「大阪締め」の手拍子で祭りを盛り上げた。

 大阪天満宮によると、天神祭は951年に始まったとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事