お盆の空の便、予約好調 全日空はハワイで大幅伸び
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 航空12社は2日、お盆期間中(9~18日)の予約状況を公表した。混雑のピークは、国内線は下りが9~12日で上りが16~17日。国際線は出国が9~10日、帰国が18日となっている。予約者数は、国内線が前年同期比3%増の342万3千人、国際線は同2%増の71万3千人だった。

 全日空は総2階建ての超大型機エアバスA380を投入したハワイ路線で、前年同期比1・5倍と大きく伸びた。日航は3月末に新規就航した成田―米シアトル線が好調で、米国本土路線全体の予約者数を同12%増に押し上げた。

 日韓の政治情勢の悪化による韓国路線への影響は、各社とも表れていないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事