俳句甲子園、松山で開幕 弘前高など4チーム決勝へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 第22回「俳句甲子園」の開会式で、宣誓する私立名古屋高3年原田駿さん=17日午前、松山市

 高校生が5人1チームで俳句の出来栄えや鑑賞力を競う第22回「俳句甲子園」の全国大会が17日、松山市の商店街の特設会場で開幕した。22都道府県から計32チームが出場し、青森県立弘前高、星野高(埼玉県)、名古屋高B(愛知県)、和歌山県立向陽高の4チームが18日の決勝リーグへの進出を決めた。

 開会式では名古屋高3年原田駿さん(17)が「一語一語を愛し、互いに句を高め合うことを誓います」と宣誓した。

 各対戦では審査員が句の創作力、質疑応答の力を含めて勝敗を決める。18日は敗者復活で選ばれた2チームを加えた計6チームが日本一を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事