横浜にラグビー発祥地の記念碑 W杯盛り上げに一役
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本のラグビー発祥地として建てられた記念碑=5日午前、横浜市中区

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に開幕するのを前に、日本のラグビー発祥の地とされる横浜市で5日、記念碑の除幕式が開かれた。同市では決勝や準決勝など計7試合が行われ、大会を盛り上げる狙い。林文子市長は「歴史をつくってくれた先人に感謝したい。日本代表が横浜で優勝するよう願っている」と述べた。

 記念碑には「日本のラグビー発祥地 横浜」と刻まれ、1873年に横浜で行われたラグビーの試合のイラストが描かれている。神奈川県ラグビーフットボール協会などが設置を呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事