鳥取「大山ブロッコリー」出荷式 全国有数の産地
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 出荷が本格化した「大山ブロッコリー」=7日午前、鳥取県大山町

 全国有数のブロッコリーの産地、鳥取県大山町で7日、秋冬ものの出荷式が行われた。茎まで柔らかく甘いのが特長で「大山ブロッコリー」のブランド名で知られる。

 土壌や気温が生産に適した国立公園・大山の山麓地域で約180軒の農家が栽培。鮮度を落とさないよう気温が低い夜間や早朝などに収穫し、新鮮さを示すため、枯れやすい葉をあえてつけたまま出荷する。

 生産者らは出荷式に先立ち、ブロッコリーを手に取って色や形などの出荷条件を入念に確認。地元園児が太鼓の演奏で祝い、約1100ケースを載せたトラックが出発した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事