佐賀で国際熱気球フェス開幕 快晴の秋空彩る、40回目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開幕し、上空に浮かぶカラフルな熱気球=31日午前、佐賀市(共同通信社ヘリから)

 「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が31日、佐賀市で開幕し、世界中から集まったカラフルな熱気球が、快晴の秋空を彩った。バーナーで膨らんだ熱気球が次々に浮上すると観客から大きな歓声が上がり、搭乗者は地上に向け笑顔で手を振っていた。11月4日まで。

 今年は40回目の記念大会で、16の国と地域から121機が参加。毎日午前7時と午後3時からは競技があり、風の強さや向きを読んで熱気球を正確に操れるかを競う。風や雨の影響で競技内容を変更したり、中止したりすることもある。

 期間中には、人気キャラクター「ミニオン」などの風変わりな気球も登場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事