和歌山・白浜で「御書祭」 温泉街を時代行列練り歩く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 山上にある御書神社を目指す江戸時代の姫姿の参加者ら=2日、和歌山県白浜町

 和歌山県白浜町の湯崎地区で2日、時代行列が温泉街を練り歩く「御書祭」があった。江戸時代の武士や姫、腰元などの衣装を着た約40人が、約700メートル離れた山上にある御書神社を目指した。

 かつて鉛の産地だった湯崎地区は鉄砲の伝来で重宝され、江戸時代に藩主から年貢免除の御書が送られた。これに感謝し、御書を届けに来た行列を模した祭りが始まった。

 秋晴れの爽やかな空の下、笛や太鼓、みこしが行列を盛り上げた。御書神社は山神社の境内社で、藩主からの御書が神体。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事