ズワイガニ漁、日本海で解禁 冬の味覚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 兵庫県豊岡市の津居山港で、漁船から水揚げされるズワイガニ=6日午前

 冬の味覚として人気を集めるズワイガニの漁が6日、富山県以西の日本海で解禁された。近海に好漁場のある兵庫県豊岡市の津居山港には、午前10時すぎに漁船が到着。50~60センチほどの大きさのカニが詰まったケースが次々と岸壁に降ろされ、漁師が重そうに運んだ。

 ズワイガニのうち、山陰付近で水揚げされた雄は「松葉ガニ」と呼ばれ、ブランド食材として知られる。資源保護のため、松葉ガニの漁期は来年3月20日まで、雌は12月末まで。

 兵庫県但馬水産事務所によると、同県のズワイガニ漁獲量は約10年前から減少傾向にあり、昨シーズンは約千トンだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事