カセットこんろ、発売から50年 進化続け、アウトドアや災害でも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 持ち運びに便利なケース付きで風に強い構造のカセットこんろ「風まる2」
 持ち運びに便利なケース付きで風に強い構造のカセットこんろ「風まる2」 岩谷産業の初代カセットこんろ「イワタニホースノン・カセットフー」

 岩谷産業が日本で初めてカセットこんろを発売してから、ことし12月で50周年を迎える。食卓でガスホースを気にせずに鍋料理が食べられる手軽さが支持を得て、本格的な焼き肉やたこ焼きを楽しめる専用こんろも登場。近年はアウトドア向けにも進化を続け災害時にも役立つと注目が集まっている。

 岩谷産業は1969年に初代製品の「イワタニホースノン・カセットフー」を発売。食事時に家族が温かい鍋を囲む一家だんらんのイメージを打ち出して普及を進めた。国内のほか中国や東南アジアなど海外に販路を拡大し、これまでの全シリーズの累計販売台数は5200万台を超えるロングセラー商品となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事