台風被災の須賀川市で伝統行事 福島、復興祈る巨大たいまつの炎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 伝統行事「松明あかし」で激しく燃える巨大なたいまつ=9日夜、福島県須賀川市

 台風19号の大雨で大きな被害を受けた福島県須賀川市で9日夜、約420年前から続く伝統行事「松明あかし」が行われた。晩秋の夜空を赤く焦がす6~10メートルの巨大なたいまつ24本に、訪れた多くの観客が見入った。実行委員会の担当者は復興に向け「市民が一丸となって進んでいくきっかけになれば」と話す。

 約10メートルの高さまで上り点火した須賀川高校の金沢玲奈さん(16)は台風で市内の自宅が2階まで浸水した。「会場がすごく盛り上がっているのを見て、少しはみんなに元気を与えられたかなと思う」と笑った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事