ファミマ、免許返納で割引券提供 イートインの活用拡大へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファミリーマートが、コンビニ店舗のイートインスペースを地域活動に開放する取り組みを拡大する。警察や自治体と連携し、高齢ドライバーの運転免許返納といった課題を話し合う場に使ってもらう。実際に返納すれば店舗で使える千円分の割引券を提供する。

 地域交流会「ファミマサークル」と名付けて12日に東京都内の店舗で初めて開催する。割引券をもらうには交流会に参加し、免許返納に伴って交付される運転経歴証明書を持参する必要があり、交流会が実施された店舗でのみ使える。来年2月末までに都内7店で実施し全国展開を検討する。対象店舗は10席以上のイートインスペースを備えた約2千店。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事