幼保無償化、財源不足493億円 補正予算案に計上へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月にスタートした国の幼児教育・保育の無償化制度を巡り、19年度分の財源が不足している問題で、不足額が493億円に上ることが12日分かった。補正予算案で対応する。単価の高い保育所利用者が想定よりも多かったことが主な原因。

 無償化は消費税増税による増収分の一部を財源に活用し、19年度は半年分として3882億円を計上していた。年間ベースでの事業費は当初、国と地方を合わせて7800億円規模を想定していたが、こちらも上振れする見通し。

 保育所は幼稚園よりも子ども1人当たりにかかる費用が高い。このため、保育所の利用人数の割合が高ければ、費用が膨らむことになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事