京都・下鴨神社で「蹴鞠初め」 色鮮やかな衣装、歓声と拍手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 伝統衣装に身を包み、平安時代の貴族らが興じた蹴鞠を奉納する新春恒例の「蹴鞠初め」=4日午後、京都市の下鴨神社

 京都市左京区の世界遺産・下鴨神社で4日、平安時代の貴族らが興じた蹴鞠を奉納する新春恒例の「蹴鞠初め」があった。烏帽子や色鮮やかな水干などの伝統衣装に身を包んだ男女が、鞠を地面に落とさないよう、右足だけで巧みに蹴り合った。

 四隅に青竹を立てた15メートル四方の「鞠庭」で、蹴鞠保存会のメンバー8人が輪になり「アリ」「ヤア」「オウ」と声を掛けながら、相手が受けやすいよう鞠を蹴った。鞠はシカと馬の皮を縫い合わせており、直径約20センチ。蹴り合いが長く続くと、参拝者から歓声と拍手が湧き起こった。

 保存会によると、蹴鞠は飛鳥時代に大陸から仏教とともに伝わったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事