白内障 術後に知った 妻のシワ 川柳や小論文で60歳からの主張
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記念写真に納まる「60歳からの主張」の受賞者ら。前列右から3人目はエッセー・小論文部門で優秀賞を受賞した網野俊賢さん、同5人目は川柳部門で優秀賞を受賞した井上初美さん=13日午後、東京都中央区

 成人の日に、平和で豊かな国をつくる一端を担ってきた高齢者の意見にも耳を傾けてほしいと、全国老人福祉施設協議会が主催する「60歳からの主張」の表彰式が13日、都内で開かれた。川柳部門では山梨県市川三郷町の井上初美さん(63)が優秀賞に選ばれ、「白内障 術後に知った 妻のシワ」に会場が笑いに包まれた。他にも「久々の 妻の優しさ 身構える」などの入賞作が披露された。

 エッセー・小論文部門では京都府精華町の網野俊賢さん(84)が優秀賞を受賞。80歳を過ぎて京都市から移住し、地域に溶け込むため町の「社会教育委員」を務めるなど、チャレンジを続ける大切さをまとめた。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事