厚労省、介護士試験の特例延長へ 養成校卒条件に暫定資格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 特例措置の是非を巡る構図

 厚生労働省は19日、介護福祉士を養成する専門学校や大学などの卒業生が、国家試験に合格しなくても暫定的に資格が与えられている2021年度までの特例の経過措置を延長する方針を固めた。26年度まで継続方向で調整。養成学校で学ぶ外国人留学生が増えており、介護の人手不足解消に向けて日本での就労を促す狙い。関連法改正案を20日召集の通常国会に提出する。

 団塊世代全員が75歳以上になる25年には介護職が約34万人不足すると見込まれ、養成学校の卒業生は即戦力と期待される。試験合格を義務付けると、留学生が減るとの懸念が与党や関係団体から出ていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事