小中学校が再開、入学式や始業式 感染拡大地域は休校延長も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 再開された小学校に登校する児童=6日午前、佐賀市
 再開された小学校に登校する児童=6日午前、佐賀市 新型コロナウイルスの感染防止のため、校庭で行われた始業式に出席するマスク姿の児童ら=6日午前、水戸市

 新型コロナウイルスの感染防止策として春休み前から続いていた学校の一斉休校から1カ月余りが過ぎ、多くの地域の小中学校では6日、入学式や始業式が開かれた。マスク姿の子ども達は間隔を空けて整列し、校長らが感染予防を呼び掛けるなど、普段とは違う新学期の始まりとなった。一方、安倍晋三首相は7日にも緊急事態宣言を発令する意向を固め、休校延長を新たに決定する自治体が広がるなど、混乱が続いている。

 安倍首相は2月27日、全国の小中高や特別支援学校などに3月2日から春休みまでの臨時休校を要請。大半の教育委員会が一斉休校に踏み切り、多くの子どもは自宅学習などを続けてきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事