有馬温泉「煙」なくせ 加熱式たばこ専用エリアを初設置
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 有馬温泉の日帰り入浴施設「金の湯」近くに設置された足湯も楽しめる加熱式たばこ専用エリア=26日午後、神戸市

 フィリップモリスジャパン(東京)は26日、日本三名泉のひとつとされる神戸市の有馬温泉に、加熱式たばこ専用のエリアを設置し、報道陣に公開した。同社によると、温泉街での設置は全国で初めて。路上喫煙を防ぎ「湯煙だけの温泉街」実現を目指す。

 専用エリアを設置したのは日帰り入浴ができる人気スポット「金の湯」と「銀の湯」近くの2カ所。金の湯側では木材の壁に囲まれた個室感のあるスペース内に無料で楽しめる足湯も登場。銀の湯側では壁に有馬温泉の歴史を紹介したデザインを配した。

 木造の建物が多い温泉街では、紙巻きたばこで懸念される火災の危険性を減らす効果も期待される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事