急行ヘッドマークで矢口氏追悼 秋田内陸線にマタギの少年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 漫画家矢口高雄さんを追悼するため、秋田内陸線の「急行もりよし」に掲げられる、マタギのキャラクター「かけるくん」のヘッドマーク(秋田内陸縦貫鉄道提供)

 秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)は2日、「釣りキチ三平」などの作品で知られ11月20日に死去した漫画家矢口高雄さんを追悼するため、秋田内陸線の「急行もりよし」に、矢口さんが手掛けたマタギのキャラクター「かけるくん」のヘッドマークを掲げると発表した。4日から来年1月7日まで。

 かけるくんは北秋田市の公認キャラクターでヘッドマークは直径80センチ。秋田県出身で、秋田内陸線の応援大使だった矢口さんに「ありがとうございました」と感謝の言葉も添えている。

 縦貫鉄道の担当者は「矢口さんへの感謝と追悼の気持ちを示すとともに、マタギの文化もPRしたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事