避難者ら壁画前で旧交温め、福島 JR双葉駅前に新作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 JR双葉駅前の建物に描かれた新作の壁画=13日午後、福島県双葉町

 東京電力福島第1原発事故による住民避難が続く福島県双葉町で13日、新作の壁画がお目見えした。芸術で町を盛り上げようと、東京の壁画制作会社がJR双葉駅前の貸店舗だった建物の外壁に描いた。かつて双葉町で過ごした避難者ら約10人が駆け付け、作品を前に旧交を温めた。

 新作は2作品でそれぞれ縦約7メートル、横約5メートル。キャンバスとなった建物の隣に住んでいた男の子をモデルに、2歳だった震災当時の様子と小学6年に成長した現在の姿を描いた。

 双葉町は3月に駅前を含む一部地域で避難指示が解除されたが、人は住めない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事