創作熟語、最優秀に「医師奮診」 コロナ流行の中、感謝込め
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 漢字4文字で今年を振り返る「創作四字熟語」で最優秀作品に選ばれた「医師奮診」(中央)などの作品。高校生が「書道パフォーマンス」で巨大な紙に書き上げた=22日午後

 住友生命保険は22日、漢字4文字で今年を振り返る「創作四字熟語」の優秀・入選作品計50編を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の中で奮闘する医師ら医療従事者に感謝の気持ちを込めた「医師奮診(いしふんしん)」(獅子奮迅)が最優秀作品に選ばれた。優秀作品にはコロナ収束を願う「収束渇望(しゅうそくかつぼう)」(就職活動)や、疫病をはらうとされる妖怪「アマビエ」を表した「妖姿願霊(ようしがんれい)」(容姿端麗)などコロナ禍を捉えた作品が目立った。

 歌人の俵万智さんが応募作品約2万2千点を審査した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事