スクリーン全席に仕切り板 イオンシネマ市川妙典、コロナで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 イオンエンターテイメントが報道公開したシネマ内部。座席間に仕切り板を設置した=24日午後、千葉県市川市のイオンシネマ市川妙典

 イオンエンターテイメントは24日、新型コロナウイルス対策を強化したリニューアルを進めている「イオンシネマ市川妙典」(千葉県市川市)を報道陣に公開した。飛沫対策としてスクリーンの全座席間に仕切り板を設置しており、同社によると全国初の取り組み。

 仕切り板は幅約60~70センチ、高さ約1メートルの木製。座席配置は前後の列で半席分ずらし、せきなどの飛沫が前席に直接かからないよう工夫した。

 肘掛けも全席の両脇に設けて隣の客と共有せずに利用できるようにしたほか、専用の大型空調設備を導入している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事