リニア、三重・亀山に誘致 県など、中間駅建設要望へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2037年に延伸開業を目指すリニア中央新幹線の名古屋―大阪を巡り、三重県などが中間駅を同県亀山市に誘致する方針を固めたことが4日、県への取材で分かった。具体的な駅の位置は有識者から意見を聴いた上で決定し、22年度にもJR東海に要望する。

 県、市町などでつくる「建設促進三重県期成同盟会」が駅候補地を募集したところ、先月31日の期限までに亀山市のみが応募した。

 JR東海は三重、奈良両県の各1カ所に中間駅を設置する方針を示しているが、詳細なルートや駅位置は決まっていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事