7日夜の人出、各地の6割で増加 主要駅や繁華街、前日比
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京・渋谷でマスクを着けて歩く人たち=7日夜

 緊急事態宣言が再発令された7日午後9時台の人出は、全国各地の主要駅や繁華街計45地点のうち約6割に当たる28地点で前日6日から増加した。宣言の対象となった首都圏1都3県でも増加する地点が目立った。ソフトバンクの子会社「Agoop(アグープ)」がスマートフォンの位置情報を基に分析したデータから分かった。

 東京都内では渋谷センター街が30・7%減少した一方、新宿・歌舞伎町は10・2%増。上野駅(15・4%増)や品川駅(12・8%増)など14地点中8地点で6日を上回った。

 その他の地域では、すすきの駅(札幌市)13・9%増、なんば駅(大阪市)4・0%増だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事