上野のパンダ、柵越しに育む愛 「お見合い」の映像公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 柵越しにお見合いする雄のジャイアントパンダ、リーリー(左)と雌シンシン=1日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)

 東京・上野動物園(台東区)は5日、発情の兆候が見られる雌のジャイアントパンダ、シンシンを交配に備えて雄のリーリーと柵越しにお見合いさせている状況を映像で公開した。シンシンはまだ関心のなさそうな様子を見せており、本格的な同居には至っていない。

 公開した映像は今月1日に撮影された。2頭は普段別々に暮らしており、隣接した飼育施設に移動させて柵越しに引き合わせた。担当者の解説によると、リーリーは柵に近づいて気を引こうとするが、シンシンは気にすることなく離れた場所に座った。園によると、5日時点も大きな変化はないという。

 2頭の間には17年にシャンシャンが生まれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事