春の訪れ「びわ湖開き」 コロナで一般客参加なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「びわ湖開き」で湖上をパレードする大型観光船=6日午前、大津市沖(共同通信社ヘリから)
 「びわ湖開き」で湖上をパレードする大型観光船=6日午前、大津市沖(共同通信社ヘリから) 「びわ湖開き」で、大型観光船から湖に投げ入れられる「黄金の鍵」=6日午前、大津市沖

 大津市の琵琶湖で6日、春到来と観光シーズンの幕開けを告げる「びわ湖開き」があった。昨年は新型コロナウイルスの影響で神事のみを執り行った。今年は感染拡大防止のため湖上パレードの一般客の乗船は募集せず、ユーチューブでライブ配信した。

 三日月大造滋賀県知事らが大型観光船「ミシガン」に乗船し、「黄金の鍵」(長さ約1・7メートル、重さ約6キロ)を湖に投げ入れ観光客の安全を祈願。ミシガン後方の青いライトを点灯させ、医療従事者に感謝と応援の気持ちを伝えた。

 三日月知事は「コロナ禍で我慢の日々だが、湖国滋賀で安らぎを得て英気を養ってほしい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事