大型連休、高速道路割引せず 広域移動を抑制
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国土交通省は23日、地方の高速道路を対象とする土日・祝日割引を4月29日~5月9日は適用しないと発表した。3度目の緊急事態宣言発令を受け、旅行や帰省による広域の移動を抑制するためで、割引停止は昨年4~6月以来となる。赤羽一嘉国交相は記者団に「不要不急の移動自粛に協力してもらいたい」と述べた。

 割引は東日本、中日本、西日本の高速道路3社の東京、大阪近郊を除く区間などが対象。自動料金収受システム(ETC)を搭載した普通車、軽自動車、自動二輪の料金を3割引きしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事