7日の人出、6割で減少 宣言地域で低下傾向
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモがまとめた7日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち、6割ちょうどの57地点で前週土曜の7月31日から減った。新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が発令されている東京、大阪などの6都府県で減少傾向だった。お盆の帰省シーズンが始まり、羽田空港は増加が目立った。

 東京都では12地点中、9地点で前週を下回った。新宿駅は、前週からは13・0ポイント低下した。東京駅は0・6ポイント減だった。羽田空港は第1ターミナルで22・0ポイント増、第2ターミナルが18・7ポイント増と大きく上昇した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事