英元妃挙式ケーキ、28万円 40年後落札「食べないで」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 イギリスのチャールズ皇太子と、亡くなったダイアナ元妃の40年前の結婚式で出されたウエディングケーキ一切れ(イギリスPA通信=共同)

 【ロンドン共同】英王室のチャールズ皇太子と故ダイアナ元妃が1981年に結婚式を挙げた際に用意されたウエディングケーキの一切れが11日、英国で競売にかけられ、1850ポンド(約28万円)で落札された。

 「世紀の結婚式」から40年。競売会社は、保存状態はよいものの「食べるのは勧めない」と忠告し、話題となった。

 英PA通信によると、落札者は英中部の王室ファンの男性で「食べてしまわないようにしないと」と話す。ケーキの一切れは高さ約20センチ、幅約18センチ、厚さ約4センチで、重さは800グラムほど。表面には砂糖を用いた金、銀、赤、青色の王室の紋章があしらわれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事