関東大震災の映像公開 国立映画アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ウェブ公開された長編記録映画「関東大震大火實況」の一場面。奥は焼け残った国鉄万世橋駅(当時)(国立映画アーカイブ提供)

 歴史的な映像を数多く所蔵する美術館「国立映画アーカイブ」(東京)は1日、関東大震災(1923年)の被災状況を記録した映像をデジタル化し、特設サイト「関東大震災映像デジタルアーカイブ」で公開するプロジェクトを始めた。震災から100年になる23年9月1日までに約20作品の公開を目指す。

 国立情報学研究所(東京)との共同プロジェクトで、第1弾として1日には文部省(当時)が監修した長編記録映画「関東大震大火實況」を公開した。約64分間のサイレント・モノクロで、発生直後から約1カ月間の東京や横浜の街の様子、人々の暮らしぶり、復旧に向けた取り組みが撮影されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事