世界最高齢ダイアナモンキー死ぬ 39歳、札幌の円山動物園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 円山動物園のダイアナモンキーの雄「ワシントン」=札幌市(同園提供)

 札幌市の円山動物園は23日、ダイアナモンキーの雄の「ワシントン」が39歳で死んだと発表した。園によると、飼育下では世界最高齢だった。死因は老衰とみられる。

 ダイアナモンキーはアフリカに分布。顔が黒く、額や首の周りの白い毛が特徴で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。

 ワシントンは1982年8月に米国の動物園で生まれ、84年2月に円山動物園に来た。今年6月ごろから筋力や視力が低下。22日まで餌を食べていたが、23日午後、死んでいるのが確認された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事